アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
yamaya14
ブログ紹介
 関西の山を中心に500山以上を踏破。このエリアでは一番こまめに歩いていると自負しております。実業之日本社のブルーガイド「山旅ブックス」から「関西日帰りベスト100」「関西気軽にハイキング)」などを出版している岡弘俊己(おかひろ・としき)が、「手頃な山歩きコース」や「最新のルート情報」などを掲載しています。
 登山ではしんどい、街歩き・里山歩きでは物足りない人向けにトレッキングと山遊びについての「山歩きよもやま話」を綴ります。=禁無断転載=
 

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
山歩きよもやま話 第3074回
山歩きよもやま話 第3074回 商売繁昌を祈願 「吾孫子の峰・9」  馬の背のような尾根から平坦道を直進し、樹林帯へ入ります。わずかで、急坂の下りになります。疲れた脚には、滑りやすい坂なので、慎重に歩を進めます。坂道を下り切って、コンクリートの階段を下ると大林寺の境内で墓地が広がっております。ここで、山旅の旅装は解いても構いません。残るは、清荒神の参道を歩くので、シューズに付いた泥などは落としておく方が賢明です。  下山道は、境内の左端を道標に従って、コンクリート道を進みます。ここも、若干、複雑な道です。左へ「清荒神駅」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/24 12:51
山歩きよもやま話 第3073回
山歩きよもやま話 第3073回 日当たりの良い谷筋 「吾孫子の峰・8」  「清荒神」へ向かって、丸太階段を下って行きます。谷筋にもかかわらず、南向きで、灌木林のため、柔らかな日差しがたっぷり注いでいます。風も抜けないので、結構な温かさを感じながら、緩やかに下って行きます。一度、木製の橋をわたり、しばらく谷筋を歩きます。右へ曲がりこむよう緩やかにトラバースしながら登ると、尾根筋に出ます。ここも、道が複雑です。尾根筋と、さらに、その奥にもルートがあります。  分かりやすいのは、奥のルートです。消えかかった「清荒神まで約1・9... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/23 13:53
山歩きよもやま話 第3072回
山歩きよもやま話 第3072回 広大なやすらぎ広場 「吾孫子の峰・7」  広い道を右へ、わずかに下ると道が複雑に交錯しております。突き当りが、陸上自衛隊の演習場になっており、原則は立ち入り禁止です。マップや道標も出ているので、これに従って、鋭角に左の「やすらぎ広場」へ回り込みます。曲がり角の右にはトイレもあります。  少し緩やかに登ると、芝生で覆われた広大な「やすらぎ広場」が現れます。中央展望所からは、30分もあればたどり着きます。100人単位の大グループでも、楽々大休憩が取れます。このため、時として、大集団と鉢合わせに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/22 16:35
山歩きよもやま話 第3071回
山歩きよもやま話 第3071回 森の中にひっそりと山頂 「吾孫子の峰・6」  奥之院との分岐を尾根筋に取ると、最後の登りがあります。この辺りも樹木が伐採され、陽光が降り注ぐようになり、この季節でも、暖かさを感じながら歩けます。息を乱すこともなく、わずかに登りをやったところの左に吾孫子の峰の山頂があります。伝説の山と書かれておりますが、どのような内容かは定かではありません。奥之院に我孫子の地蔵があり、これとゆかりがありそうです。  ちょっとした広場になった標高445メートルのピークではありますが、周辺は樹木に囲まれ展望など... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/21 13:26
山歩きよもやま話 第3070回
山歩きよもやま話 第3070回 陽だまりの中で一休み 「吾孫子の峰・5」  ゴツゴツした岩とザレ場、岩場の悪道を登って行きます。勾配が緩やかになるとともに、歩きやすい山道に変わります。分かり難い道標のない分岐がありますが、これは無視して、直進します。「山頂展望所」へ向かって、さらに緩やかに登ると、小さな手づくりの道標「奥之院」が出ており、これもやり過ごします。右に見え難くなったマップが立つ三つ目の分岐も直進します。すぐ目の前に東屋が現れます。一応、ここが中央展望所ではありますが、まったくと言っていいくらいに、眺望はありませ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/20 16:09
山歩きよもやま話 第3069回
山歩きよもやま話 第3069回 人の少ないルートへ 「吾孫子の峰・4」  夫婦岩園地の東屋も右側から、さらに尾根筋を進むと、わずかで「十丁」の丁石が現れます。足洗川の上で分岐した奥之院の参道と、ここで合流します。目の前には、巨岩が二つ。これが名物の夫婦岩です。ここまで、阪急の中山観音駅からは、45分ほどですが、のんびり歩いても小一時間ほど。ベンチもあり、宝塚市内や六甲山系を一望にできる休憩ポント。  一息入れたあとは、参道を奥之院へ向かいます。広くて開けており、整備もよくされた道ではあるのですが、とにかくハイカーや参拝客... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/17 13:35
山歩きよもやま話 第3068回
山歩きよもやま話 第3068回 日当たりの良い山道を行く 「吾孫子の峰・3」  中山梅林からコンクリート道を下り、足洗川へ小さく下りって、橋を渡り、登り返します。交差する道を横断して「奥乃院を経て中山山頂へ」のルートへ進む方法もあり、道標も出ていますが、こちらは古くからの参道で、山道らしくありません。交差する道へ右折します。右にシンボル広場があり、川に沿って広い山道があります。こちらは、さんさんと陽光も降り注ぎ、山歩き感を満喫しながら歩けます。しばらく、この広い山道を緩やかに登って行きます。途中に「山頂展望所まで約2km」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/16 14:41

続きを見る

トップへ

月別リンク

yamaya14/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる