山歩きよもやま話 第3070回

陽だまりの中で一休み
「吾孫子の峰・5」
 ゴツゴツした岩とザレ場、岩場の悪道を登って行きます。勾配が緩やかになるとともに、歩きやすい山道に変わります。分かり難い道標のない分岐がありますが、これは無視して、直進します。「山頂展望所」へ向かって、さらに緩やかに登ると、小さな手づくりの道標「奥之院」が出ており、これもやり過ごします。右に見え難くなったマップが立つ三つ目の分岐も直進します。すぐ目の前に東屋が現れます。一応、ここが中央展望所ではありますが、まったくと言っていいくらいに、眺望はありません。周辺の灌木が成長して視界を遮っているのです。ただ、陽だまりになっており、のんびりと休憩するにはうってつけ。ただし、10人も座れば、満杯なので、集団向きではありません。
 夫婦岩展望所からは、ゆっくり歩いても30分ほどです。
 休憩後は、直進すると先程、分かれたばかりの道と合流します。中山山頂方面へ登って行くと「山頂展望所まで約0・5km」の道標が立つ分岐があります。ここを左の「奥之院まで約0・8km」へ取ります。トラバースするように進むと、尾根筋の道に出合います。ここを左の「奥之院まで約0・6km」へ進みます。小さく登ると石積みのケルンがあり、一度、下ります。わずかで、分岐があり、ここを右の尾根筋の「奥ノ院西園地まで約1・0km」へ向かいます。

画像

                            展望のない中央展望所

画像

                            壊れかかったケルン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック