山歩きよもやま話 第3086回

またまた丸太階段
「小野アルプス・7」
 馬の背のような険しい岩場を後にして、フラットなブッシュの中をわずかに歩き、次は左へ下ります。かなりの急下りです。灌木林の中を下り切りったところで、広い道と合流します。岩倉峠に通じ、先程、紅山北コースと分岐した道です。紅山山頂からは、15分で、一気に150メートルほど下りました。目の前には、椅子とテーブルがあり、一応、西林間広場となっておりますが、ちょっと見逃しそうなくらいのスペースしかありません。
 当然、直進的に「惣山山頂へ0・4km」へ取り付きます。豊かな森を登って行くのですが、次第に植林されたヒノキが多くなってきます。しかも、足元はまたまた丸太階段です。結構な急坂で、ジグザグに高度を上げて行きます。小野アルプスは、アップダウンが特徴ですので、覚悟はしているものの、階段ばかりで歩き難く、うんざりさせられます。やっと階段道から解放され、周辺の景色も植林地から、灌木林に変わります。
 わずかで尾根筋に出て、左へ鋭角に曲がります。さらに登りが続きます。西林間広場から15分ほどで、下った150メートル以上を登り返し、やっと惣山山頂です。小野富士の別名もあります。標高は198・6メートルとこのコースの中での最高点です。

画像

                             西林間広場横の立つ道標

画像

                              惣山(小野富士)山頂

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック