山歩きよもやま話 第3082回

ややこしい道標
「小野アルプス・3」
 駐車場から鴨池橋を渡り、やっと右手の目の前に鴨池(雄池)が現れます。バス停があります。東屋もあり、一腹できます。道を探しながら歩いたこともあって、JR小野町駅から40分余りも掛かりました。
 さて、ここから、どこを目指すかです。朝の出鼻に、加古川駅で1時間以上ものタイムロスをしたため、当初予定していた、縦走コースの全ルートを歩くには、ちょっと、時間に余裕がなくなっていました。そこで、メインである紅山と惣山(小野富士)は外せないので、まず、紅山を目指します。
 鴨池には、手づくりの道標が、あちらこちらにあります。いずれも、「紅山」へ向かうルートを示しています。逆説的に捉えると、それほどここで道に迷うハイカーが多いと推察されます。
 実際に、道が曲がりくねり、複雑な三差路になっております。左へ「紅山40分」の手づくりの道標を頼りに再スタートです。アスファルト道は、左に大きく曲がります。右手に鴨池(雌池)が現れます。次の右の辻に「紅山登山コース1・8KM、小野アルプス縦走中・西コース」の道標が立ちます。

画像

                          鴨池(雄池)の手づくり道標

画像

                        やっと雌池の畔に「紅山」への道標

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック