山歩きよもやま話 第3099回

圧倒される巨大建造物群
「書写山・6」
 山頂からは、白山権現の前の近畿自然歩道を、西へと樹林帯の中を緩やかに下ります。わずかで、大きな道に出合います。道は交差しており、左前方には、巨大な建物群が見えております。この建物の方向へ左折して下ります。圧倒されそうな大きな建物が3棟、コの字型に建っており、国の重要文化財です。右から大講堂、食堂、常行堂が並びます。いずれも、見上げるほどのスケール感があります。中でも、食堂はアメリカ映画「サムライ」でも、ロケ現場として使われるほど、見栄えもします。しばし、観光気分で、建物の中を見学するのも一興です。
 書写山には、武蔵坊弁慶が少年時代を過ごしたとの伝説があり、食堂の右側には、そのゆかりの弁慶鏡井戸があります。食堂には、弁慶の勉強机も展示されております。ここを抜けると、開祖の性空上人をまつった開山堂(奥之院)があります。桃山時代に建てられた弁慶の学問所とされる御法堂拝殿もあり、歴史と伝説に彩られたエリア。一度は、じっくり見て回る値打ちがあります。
 奥之院からは、道標に従って展望台へ向かいます。

画像

                             映画のロケ地にもなった食堂

画像

                                伝説の弁慶鏡井戸

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック