山歩きよもやま話 第3091回

やっと温泉の地に
「小野アルプス・12」
 日光峠へ向かって灌木林の中を歩きます。平坦道から下りになります。10分も掛からずに、標高80メートルの日光峠です。ここから最後の高山まで「1・0km、15分」の手づくり道標が出ております。この道標は、距離、所要時間とも、あまり信用がおけません。ひとつの目安くらいに捉えた方がいいです。実際、標高125メートルの高山まで、10分しか掛かりませんでした。ここの山頂は、展望も開け、ベンチなどもあり、最後の休憩ポイントです。眼下に温泉施設の「ゆぴか」があり、小野市街地も望めます。
 下りは、左右いずれでも同じ所要時間との表示があったので、左の「リフレッシュコース」を下りました。灌木林の中の丸太階段の多い歩き難い道です。一方の「パノラマコース」と合流すると、わずかで視界が開け、白雲谷温泉「ゆぴか」に到着します。高山からは10分ほど。もちろん、日帰り入浴ができます。
 登山口から駐車場を直線的に南へ向かうと、カラー舗装道路があり、歩行者専用の下り道です。車道に出て、左の田畑の中を直線的に歩きます。道が交差し、左へ大きく曲がるところに鉄製階段があるので、ここを下れば近道で、田畑から民家の間を抜け、車道を右に歩くと、次の辻の左がJR市場駅です。駅までは15分ほど。

画像

                               日光峠の手づくり道標

画像

                                  広い高山山頂

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック