山歩きよもやま話 第3143回

新ルートが
「畝傍山から甘樫丘」
 奈良県の橿原市にある日本史に登場する大和三山のひとつ畝傍山から明日香村の甘樫丘へ向かうルートが、歩きやすくなっております。
 畝傍山から県立橿原公苑を出て、近鉄橿原線の踏切を渡り、従来は、いもあらい地蔵のあるT字路を右折して、国道169号を南下して、丈六交差点を左折して剣池へ向かっておりました。この道は、細くて車の通行量も多く、歩き難く、まったく楽しなかったのです。やっと長い工事が終わり、県道124号のいもあらう地蔵のところを直進しできます。歩道もあり安全に歩けます。一つ目のT字路を右に取り、突き当たると、丈六交差点からの道に合流します。突き当りを、当然、左折すると、程なく右に剣池があります。すごく安全で、のんびり歩けるようになっております。
 実は、畝傍山もイトクノモリ古墳へ下るルートは、台風でひどい倒木があったのですが、完全に撤去されて、歩きにはまったく支障がありません。
 さらに、甘樫丘のすぐ下には、梅の花が三部咲きなっておりました。もうすぐ、本格的な春も近いようです。

画像

                         この道標に従い県道124号を直進

画像

                             白梅も開花している甘樫丘

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック