山歩きよもやま話 第3149回

初心者は危険すぎて無理
「貴船山・6」
 滝谷峠からは、下山ルートそのものが壊れており、雪に覆われた中を踏み跡だけを頼りに、ストックで足場を確保しながら、おっかなびっくりで下ります。元の谷筋のルートに出ますが、すぐに倒木で行く手が阻まれて下ります。極めてデンジャラスな状況です。何とか、沢筋のルートを下ります。すぐに雪は少なくなりますが、あちらこちらで道は壊れております。沢筋の消えたルートを捜しながらで、とても安全に下れる状況ではありません。
 何とか沢筋から、左岸の中腹道の下りになります。ここも元々、デンジャラスゾーンがある中、さらに厳しい状況です。倒木で行方を遮られ、道が捜されてしまっているところもあります。厳しい下りが続きます。とても、初心者が歩ける状態ではありません。ロープなども頼りに何とか、左岸の中腹道を下り切り、ホッと一息ついて、沢を渡り右岸道に取り付きます。ところが、またまたルートが、数メートルにわたって完全に流されております。
 ここを何とか通過、さらに倒木を潜り、乗り越えて、登山道は終わります。
 とてもではないが、初心者が足を踏み入れるのは無理です。まったく「通行止」や「熟練者向け」警告がされていないのが不思議なくらい。

画像

                          倒木で道が塞がれた左岸道

画像

                          右岸道もルートが落下している

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック