山歩きよもやま話 第3153回

なぎ倒されたヒノキ 「大文字山・中」  植林地のヒノキが物の見事なくらいになぎ倒されており、当初の目論見であった涼しい山歩きは、完全に見込み違いでした。それでも、まさか、どこまでも続く訳がないと高を括っておったのです。これも、あっさり裏切られ、どこまで、絵に描いたように、同じ方向にヒノキが倒れております。直射日光が降り注ぎ、暑くてた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more