山歩きよもやま話 第3148回

すっかり雪山 「貴船山・5」  休憩後に合流地点から、再度、歩き始めます。すぐに道は分岐しております。一般的なルートは、右の平坦な中腹道です。この際は、山頂部の様子も気になったので、左の尾根道へ進みました。薄く雪が積もっており、踏み跡がはっきりあって、普段よりも歩きやすいくらいです。少し、倒木はあったものの、ほとんど支障はありません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3147回

ついに三角点は断念 「貴船山・4」  樋ノ水峠の分岐からの谷筋の道は、ほぼ崩壊しております。それでも川筋の岩や倒木を乗り越えて進みます。右には、稜線も近くなっており、わずかで左の三角点へ通じる分岐があるはずとの思いで前進を続けました。一部には雪も残っており、非常な悪路です。さらに激しい倒木があり、前進を阻まれてしまいます。分岐も、見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3146回

倒木に道が消える 「貴船山・3」  木の下を潜り、さらに乗り越えて倒木の中へ突き進むものの、さらにその奥にも倒木が続いているよう。引き返すのが賢明かとの考えもよぎるが、前進した足跡がくっきりと残っており、進めるはずとの読みをしました。が、ほぼ200メートル近くにわたって倒木しており、普通には歩けません。やっと、かつての登山道が現れ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3145回

倒木の中へ直進 「貴船山・2」  ヒノキの植林地の中の広い山道を登って行きます。所々に倒木があり、少し歩き難いものの、それほどの支障はありません。途中に守谷神社から夜泣峠への道が通行止になっており、このルートを使って迂回するように指示が出ております。神社のところでは、通行止の看板を見逃したのかもしれません。いずれにせよ、貴船山へ向か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3144回

通行禁止の看板はない 「貴船山・1」  京都の山が昨年の台風21号で、大きく痛んでいるのは、様々な情報で十二分に承知していました。殊に、叡山電鉄の貴船口駅から鞍馬駅までは、長らく電車も不通になっており、当然ながら登山ルートも、それ以上に相当な被害が出ているのは、容易に想像出来ておりました。そのためにしばらく出向くのを躊躇していたくら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3143回

新ルートが 「畝傍山から甘樫丘」  奈良県の橿原市にある日本史に登場する大和三山のひとつ畝傍山から明日香村の甘樫丘へ向かうルートが、歩きやすくなっております。  畝傍山から県立橿原公苑を出て、近鉄橿原線の踏切を渡り、従来は、いもあらい地蔵のあるT字路を右折して、国道169号を南下して、丈六交差点を左折して剣池へ向かっておりました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3142回

当分は通行止 「柳生街道の一部わき道」  奈良市の奈良公園から柳生の里まで通じる柳生街道は、平坦道が多く、歴史散歩も楽しめて初心者に人気のコースです。普通に柳生街道を歩くには、倒木もすっかり処理され、壊れた道も修復が終わっております。問題なく歩けます。  ただ、コースから少し離れて、地獄谷石窟仏から峠の茶屋まで通じる山道が、台風の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more