テーマ:困ったさん

山歩きよもやま話2811回

目立つ常識破り 「中高年」  登山ブームと言われ、山岳事故も多発しております。事故の大半が中高年です。若い頃に比べて体力が落ちているにもかかわらず、かつての自分のつもりで行動して、アクシデントに巻き込まれているケースが多々見受けられます。  それにも増して、ゾッとさせられるのが、常識破りの中高年のハイカーが目立つこと。ほとんど荷物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話2096回

風情はゼロ 「奈良」  このところ世界遺産に指定されたこともあり、観光客が急増しているJR奈良駅は高架化工事もいよいよ最終段階を迎えています。これに伴って駅前から奈良公園に通じる商店街の再開発工事も急ピッチで進められております。道路幅も倍以上に広がり、ゆったりとした歩道を確保するなど歩行者に優しい街づくりはうかがえます。ただし、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話1996回

トレイルランは最悪 「膝痛」  山歩きをしている人の中にも膝痛を抱えている人が多いのです。かくいう本人もかつては膝痛に悩まされていた一人。テーピングやサポーターで何とか誤魔化して、いつの間にやら直ってしまった経験があります。  恐らく大腿四頭筋、膝の少し上の部分の筋肉を鍛えたことが、膝痛解消につながったのではないかと考えております…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話1398回

レギンスと素足の山ガール 「夏の服装」  真夏の暑さで山ガールの姿もめっきり見かけることが少なくなっています。連日の猛暑でハイカーそのものが少ないのも事実です。特に見かけることの少なくなったのが、トレイルランをやっている連中。普通に歩いても大汗が噴き出すので、山の中を走り回るのは無謀とも言えます。ほとんどのハイカーにすれば「ようやる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話1317回

闇雲歩き 「ここはどこ」  山歩きがブームになっていることは悪くはないと思うのです。が、危険と隣り合わせであることを忘れてもらっては困ります。完璧な山登りの装備をする必要はないものの、せめてわが身を守ることくらいはやってもらいたいものです。中でも心配なのが、マップやガイドブックなどを持たないで山に入って来ているハイカー。命知らずと言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話1298回

困った傾向 「バス便の減少」  ここのところ山に出かける度にバス便の少なさに悩まされております。どこでも便数が激減しているからです。資本主義経済のわが国ですから効率第一主義、採算性を考えてのことであることは察しがつきます。たまにしか乗車しないハイカーのためにわざわざ便数を増やすことが不可能なことも十分に理解できます。  そこにはマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話1279回

外国人が消えた 「風評」  東日本大震災で外国人観光客が消えたと大々的に報道されています。確かに震災後は道頓堀やヨドバシカメラには日本人以外の姿はほとんど見当たりません。ただ、3月20日に大阪城内をのぞいてみると、観光客そのものが少なかったものの、結構な数の外国人もおりました。もちろん大型のデラックスな観光バスを連ねてやってくる海外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話1263回

自粛宴会 「桜咲く」  今年は桜の開花がやや遅いのではないかと見られておりましたが、やっと山の上でも満開のところが見られます。ただし、場所によってはまだまだ「つぼみかたし」の状態のところもあります。大阪・大東市の飯盛山の山頂や麓では見事に開花しておりました。  特に野崎観音で知られる慈眼寺の境内が見ごろで大勢の花見客も訪れておりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話1198回

それはないやろ 「雪山のスニーカー」  今年の正月は大寒波の中で迎え、久しぶりで雪山で新年最初の山行を楽しめるとウキウキしておりました。ところが、天候がイマイチで強風も吹き荒れておりました。天気予報とにらめっこをしながら予定を決めかねていました。どうやら3日くらいが天候に恵まれそうな雲行きでした。それが2日になって降水確率0%、晴れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話1157回

無責任でっせNHKさん 「疲れない靴」  先日、「山登りで疲れない靴」をテーマにNHK教育テレビが番組を作っておりました。関心があったので、興味を持って放送を見ておりました。ところが、番組を見ているうちに「おい、おい」となったのです。  東京の高尾山に緩めの靴と少しきつめの靴を同じ人間が履いて、どちらの疲労度が少ないかを科学的に数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more