テーマ:ルート情報

山歩きよもやま話 第3154回

やはり倒木が… 「大文字山・下」  大文字山山頂へつながる京都トレイルの東山ルートは、ほとんど傷んでおらず、快調に歩けます。大文字の火床へ下るルートも、登って来たハイカーの情報では、ほとんど無傷とのこと。  そこで、下山はトレイルの東山ルートを下ることにしました。豪雨に洗われて、沢筋が荒れているのではないかとの懸念があったためです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3153回

なぎ倒されたヒノキ 「大文字山・中」  植林地のヒノキが物の見事なくらいになぎ倒されており、当初の目論見であった涼しい山歩きは、完全に見込み違いでした。それでも、まさか、どこまでも続く訳がないと高を括っておったのです。これも、あっさり裏切られ、どこまで、絵に描いたように、同じ方向にヒノキが倒れております。直射日光が降り注ぎ、暑くてた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3152回

予想外の植林地 「大文字山・上」  そろそろ真夏日も多くなり、少し涼しい山旅をするつもりで、京都の大文字山へ出掛けてきました。ところが、予想外の出来事に出くわし、少々泡を食う結果を味わいます。  普段、大文字山へは、JR山科駅からスタートし、蹴上へのルートを使い、尾根筋を登るコースを使っております。これが、大文字山へは、植林地が少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3151回

やっと一部で通行止解除 「生駒山」  昨年の台風21号の爪痕は、いたるところに残っております。生駒山もあちらこちらで通行止が続いておりましたが、徐々に復旧しております。  近鉄信貴線の服部川駅から入山する立石越ルートが、最近になって歩けるようになっておりました。相当に痛んでいたので、もう少し時間が掛かるのかと思っていたのですが、意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3150回

意味不明の通行止 「有馬富士」  先週末、道路状況の確認のために三田市にある有馬富士へ出掛けてみました。絶好の行楽シーズンなので、人出が多いのは覚悟して行き、案の定、JR新三田駅に降り立つとダイハツの健保組合がイベントを催しておりました。それでも、あまり人込みを気にせずに県立有馬公園へ足を踏み入れて、がっかりです。  去年の台風で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3149回

初心者は危険すぎて無理 「貴船山・6」  滝谷峠からは、下山ルートそのものが壊れており、雪に覆われた中を踏み跡だけを頼りに、ストックで足場を確保しながら、おっかなびっくりで下ります。元の谷筋のルートに出ますが、すぐに倒木で行く手が阻まれて下ります。極めてデンジャラスな状況です。何とか、沢筋のルートを下ります。すぐに雪は少なくなります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3148回

すっかり雪山 「貴船山・5」  休憩後に合流地点から、再度、歩き始めます。すぐに道は分岐しております。一般的なルートは、右の平坦な中腹道です。この際は、山頂部の様子も気になったので、左の尾根道へ進みました。薄く雪が積もっており、踏み跡がはっきりあって、普段よりも歩きやすいくらいです。少し、倒木はあったものの、ほとんど支障はありません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3147回

ついに三角点は断念 「貴船山・4」  樋ノ水峠の分岐からの谷筋の道は、ほぼ崩壊しております。それでも川筋の岩や倒木を乗り越えて進みます。右には、稜線も近くなっており、わずかで左の三角点へ通じる分岐があるはずとの思いで前進を続けました。一部には雪も残っており、非常な悪路です。さらに激しい倒木があり、前進を阻まれてしまいます。分岐も、見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3146回

倒木に道が消える 「貴船山・3」  木の下を潜り、さらに乗り越えて倒木の中へ突き進むものの、さらにその奥にも倒木が続いているよう。引き返すのが賢明かとの考えもよぎるが、前進した足跡がくっきりと残っており、進めるはずとの読みをしました。が、ほぼ200メートル近くにわたって倒木しており、普通には歩けません。やっと、かつての登山道が現れ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3145回

倒木の中へ直進 「貴船山・2」  ヒノキの植林地の中の広い山道を登って行きます。所々に倒木があり、少し歩き難いものの、それほどの支障はありません。途中に守谷神社から夜泣峠への道が通行止になっており、このルートを使って迂回するように指示が出ております。神社のところでは、通行止の看板を見逃したのかもしれません。いずれにせよ、貴船山へ向か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3144回

通行禁止の看板はない 「貴船山・1」  京都の山が昨年の台風21号で、大きく痛んでいるのは、様々な情報で十二分に承知していました。殊に、叡山電鉄の貴船口駅から鞍馬駅までは、長らく電車も不通になっており、当然ながら登山ルートも、それ以上に相当な被害が出ているのは、容易に想像出来ておりました。そのためにしばらく出向くのを躊躇していたくら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3143回

新ルートが 「畝傍山から甘樫丘」  奈良県の橿原市にある日本史に登場する大和三山のひとつ畝傍山から明日香村の甘樫丘へ向かうルートが、歩きやすくなっております。  畝傍山から県立橿原公苑を出て、近鉄橿原線の踏切を渡り、従来は、いもあらい地蔵のあるT字路を右折して、国道169号を南下して、丈六交差点を左折して剣池へ向かっておりました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3142回

当分は通行止 「柳生街道の一部わき道」  奈良市の奈良公園から柳生の里まで通じる柳生街道は、平坦道が多く、歴史散歩も楽しめて初心者に人気のコースです。普通に柳生街道を歩くには、倒木もすっかり処理され、壊れた道も修復が終わっております。問題なく歩けます。  ただ、コースから少し離れて、地獄谷石窟仏から峠の茶屋まで通じる山道が、台風の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3141回

ブームの気配 「高取山(奈良)」  山城がブームになっており、そのひとつとして奈良県高取町にある高取山(高取城)も注目を集めております。何しろ、山城の中でもその規模が最大で、見応えがあります。しかも、直下まで、車で行けることもあり、城ファンの関心が高まっているのです。  ハイキング道も昨年の台風21号の被害を受けていないか気になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3140回

倒木の片付けは完了 「雲山峰」  新年早々、昨年の台風21号の影響をもろに受けた大阪と和歌山の県境に位置する雲山峰へ出掛けて来ました。倒木が多いのを覚悟していたのですが、結論から言えば、拍子抜けするほどに、歩きやすい道に復旧しております。JR山中渓駅から入山して、登山口からの取り付きは、落葉や落ちてきた枝が散乱し、これは先が思いやら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3139回

深い傷痕だが 「愛宕山」  京都の山は、大きな台風被害を受けており、中でも愛宕山は2週間以上にわたって停電が続き、愛宕神社ではろうそくなどで急場を凌いでいるとの報道もありました。殊に表参道は倒木が激しく、関西電力の作業員も現場に近付けないとのこと。当然、周辺の登山ルートも大きく痛んでいるのではないかと気になります。既に、昨年の台風で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3138回

倒木で視界良好 「太神山・矢筈ヶ岳」  滋賀県も台風21号の被害を受けているので、気になった湖南アルプスの太神山と矢筈ヶ岳へ登ってきました。結論から言えば、一部に倒木などの被害があったものの、登山道そのものは、無傷に近い状態で、ハイキングには何ら支障はありません。殊に太神山へのルートは、倒木すらもほとんんどない状況でした。ただ、太神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3137回

ルートを付け替えているが… 「菊水山ー鍋蓋山」  危険箇所があるとの警告が出ており、気になっていた六甲山系の菊水山から鍋蓋山へのルートへ出掛けました。スタート地点の神鉄鵯越駅の辺りも壊れているとの情報がありましたが、すっかり、普段の道に戻っております。先日は、全山縦走もあったので、当然、補修が行われたのでしょう。  菊水山までは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3136回

これは危険 「トェンティクロス」  六甲山系は、9月4日の台風21号であちらこちらで土砂崩れが発生して、通行止の区間も出ております。2ヶ月を経過した現況を確認するために、入山してきました。  倒木による被害は、全山的にほぼ解消されております。殊に気になったトェンティクロスの土砂崩れ現場へ足を踏み入れました。今も、黒谷尾根への分岐の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3135回

支障なく歩ける 「三上山(木津市)」  台風21号はじめ、強風と豪雨で関西の山の登山道は、甚大な被害を被っております。通行止のところもあり、山旅の計画をしばし変更しております。  これまでのところ、六甲山系でも、大きな被害で、通行止のルートがあるものの、比較的、情報がこまめに出されており、途中でルート変更すれば、何とかハイキングは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3134回

看板に偽りあり 「大岩岳・下」  のんびり東大岩岳で過ごした後、下山を開始しました。丁度、一組のハイカーが登って来たので、入れ替わる形です。先ほどのT字分岐まで戻り「丸山湿原、千刈ダム」方面へ左折します。  実は、ここからが不安でした。これまでも、大雨の直後には、必ずと言ってもいいくらいに、道が大きく壊されていたからです。ところが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3133回

奇跡的に無傷の山道 「大岩岳・中」  山頂で休憩を取るものの、少ないながらもハイカーが次々に登ってくる気配があるので、東大岩岳へ避難を開始。もっとも、大岩岳から東大岩岳へ向かう道は、かつて、台風でものすごい倒木があり、一時、通行が不可能になった前例があるポイント。やや緊張して、下り始めます。  もちろん「通行止」の看板なども出てお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3132回

大きく壊れた擁壁 「大岩岳・上」  台風21号の猛威で、関西の山々は相当に痛めつけられているだろうとの読みで、現地調査へ出掛けてきました。殊に、雨に滅法弱い神戸市北区の大岩岳は、恐らく一部で通行止になっているのではないだろうかと危惧しつつでした。  案の定、出だしの千苅狩りダムの前の川の擁壁が大きくはがされており、豪雨の凄まじさを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3128回

やっぱり土砂崩れ 「市ヶ原ダム周辺」  先日の集中豪雨が気になったので、比較的、安全であるはずの新神戸駅から、六甲山系へ入りました。神戸も35度に迫る真夏日が予想されておりましたが、駅の周辺には、見込みより多くのハイカーが集結。なかには、マウンテンランのグループまでおりました。「これなら、ハイキングルートは大丈夫そう」  スタート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3125回

奈良・音羽三山に新ルート 「展望台から音羽山へ」  近頃、料理が得意な尼寺としてテレビなどにも取り上げられている奈良県桜井市の音羽観音寺から登る音羽山へ新ルートが出来ております。既に、数年前には、登山ルートから万葉展望台へ行くルートが出来たおりました。それが、さらに、展望台へほぼ直結するルートが付けられ、しかも、音羽山の山頂近くまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3103回

やっと再開通の紀泉高原 「JR紀伊駅ルート」  一昨年から阪和自動車道路の改良工事に伴う「通行禁止」の規制がされていた紀泉高原・雲山峰方面へのJR紀伊駅からのルートが、やっと開通しました。工事期間は、今年の3月末までで、それまでも土・日曜日などは、通行が可能でしたが「通行止」の注意書きが出ていたために、歩く人は限られていたのです。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話 第3092回

すっかり様変わり 「JR姫路駅周辺」  国宝白鷺城で世界的に知られる姫路市の玄関口であるJR姫路駅が、大きく様変わりしております。駅そのものと周辺は、ほぼ工事が終わっております。ただ、姫路城に通じる大手前通で一部での工事が行われていますが、これも、ほぼ完成に近付いております。  姫路駅の高架化と改築工事は、10年以上も前から行われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話第3057回

五月山展望台が工事中 「ルート情報」  ここのところハイキングコースの東屋などの整備工事が目に付きます。例の年度末に向けてのお役所の駆け込み工事の感じ。で、池田市にある五月山の山頂にある日の丸展望が改修工事中です。2月初めから始まっており、3月末までには、完了する予定になっております。さらに市民の森の東屋も新築工事中です。もっとも、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話第3056回

奈良・二上山で救助訓練 「コース情報」  富田林市消防本部と大阪市消防局航空隊は、合同で平成29年2月22日(水)に奈良県と大阪府にまたがる二上山の雌岳頂上付近で、ヘリコプターを使った訓練を実施する予定です。訓練の実施時間は、午後1時から4時までの間の約20分を予定しております。  このために雌岳山頂付近から岩屋へ下るルートの通行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きよもやま話2940回

びっくり 「愛宕山」  昨年、六甲山系の紅葉谷から有馬温泉へ抜けるルートの一部が集中豪雨の影響で通行止めになり、今もって復旧工事が行われております。とにかく、台風やゲリラ豪雨で山道があちらこちらで痛んでいます。土砂崩れも各地で散見されます。復旧工事が行われないままに放置されて、デンジャラスゾーンのままのところが多くあります。  京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more